京都市の交通事故整骨院トップページ > 休業損害(補償)について >
交通事故に遭われた会社員の方へ

交通事故に遭われた会社員の方へ

会社員の休業損害(補償)について

交通事故前の収入は、「収入証明書」や「源泉徴収票」等で証明されます。
基本的に、「所得税額」は控除しません。

減収がなくても、“有給休暇”を使用した場合は、
その日数も休業損害として認められる場合があります

交通事故に遭われた会社員からあるよくある質問

その他の詳細は、各ページをご覧下さい。

経営者(事業所得者)の方へ

主婦の方へ

大学生の方へ

お急ぎの方は、お近くの当グループ院へ今すぐご連絡下さい!

■京都市の分院
京都市東山区の交通事故整骨院 京都市左京区の交通事故整骨院
■南丹市分院 
南丹市園部の交通事故整骨院 南丹市神吉の交通事故整骨院
南丹市八木の交通事故整骨院 南丹市日吉町の交通事故整骨院
 各院の案内はこちら >>>
Copyright(c) 2011 京都市交通事故・むちうち110. All Rights Reserved. Design by Cloud template